ホスティング
眠法入門 2014年03月
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

ララノコン一人反省会 

ララノコン受賞作発表されましたね。

残念ながら自分の作品は乗ってませんでした。悔しくないといえば嘘になりますが、やれることはひと通りやったと思うので満足しています。多くの人に読んでもらえたり、感想を貰えたり、イラストまで貰えたり。お祭り騒ぎみたいで楽しかったです。

しかし「楽しかった」だけで終わらせては勿体無い。
そこでここからはちょっと一人反省会をしたいと思います。


「ララノコンに関する自分の反省」

「投稿の仕方にもっと工夫できたかも」
アクセス数対策は以前の記事でも書きましたが、こまめに投稿+人が多い時間帯に投下する事が大切みたいでした。ただ連載している時はそれで問題ないのですが、細切れだと完結した時話数が多くなりがちなので、そこから敬遠される事もあったかもしれません。一長一短ですね。

「イラストの長所短所」
これまた以前の記事で書きましたが、イラストはアクセス対策には大きな力を発揮していました。一次選考がアクセス数である以上、目を引くイラストがあることは強みです。ただ当然それを望まない層もいる訳で、なかなか難しい問題です。受賞作での審査員のコメントから察するに、イラストが足を引っ張ってしまう場合もあるのかもしれません。ある意味諸刃の剣だったようです。

「電子書籍の賞であるということ」

「ライトなラノベ」という名前に気を取られがちでしたが、電子書籍として販売する以上、電子書籍を読む層がどのようなジャンルの小説を好むかということも考えるべきでした。第二回があるとしたら、その点も考えて話作りをすべきかもしれません。まあ自分の作品はライトなラノベですら無かった気もしますが。





自分の作品の反省会も書こうかと思いましたが、うだうだした感じになりそうなので止めておきます。次回があるかどうかはまだ未定らしいですが、出来れば参加してみたいですね。短編新人賞は貴重なので。

それでは参加者の皆さん、運営審査員の皆さん、長い間ありがとうございます!そしてお疲れ様でした!僕はとりあえず泣きながらララノコンの土を掘った後、母校のグラウンドにばら撒こうと思います。
スポンサーサイト

カテゴリ:未分類

2014.03.27 Thu. 17:43 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2014 眠法入門 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。